今や、経費削減にも大変効果的なリサイクルトナーは、オフィスの必需品となっています。
リサイクルトナーでコストセーブ
【HOME】 >> 【トナーの種類・品質】
 
 
  リサイクルとエコ
  リサイクルトナーの基礎
  トナーの種類・品質
  リサイクルの流れ
  使用上の注意
  経費削減を考える
  オフィスでの経費削減
  リサイクルで経費削減
  廃車について知っておく
  HOME


 リサイクルトナーとは?

  リサイクルトナーとeco

 

 


 トナーの種類・品質

トナーの種類は以下の4つに分けられます。

純正トナー

輸入純正トナー

汎用トナー

リサイクルトナー

品質

○〜△

不良率

1%未満

1%未満

1%未満

2〜8%前後

価格

100

85

65

20〜50

メーカ保証

×

×

純正トナー、輸入純正トナー、汎用トナーは、新品で、品質は全く同じです。ただし、海外でリサイクルされたトナーカートリッジが、汎用品として流通している場合もある様です。極端に安い汎用品は注意が必要かもしれません。

純正トナーは、プリンタメーカが製造出荷した商品で、海外輸入純正トナーは、プリンタメーカの海外の工場で製造された商品を輸入し、流通しているトナーです。海外の流通価格が、日本に比べ安い場合に発生します。

では、汎用トナー(ノーブランドトナー:NBトナー)とは、なんなのでしょうか。一般的に、純正トナーと同等商品でノンパッケージ(いわゆる白箱)の商品をさしています。

トナーカートリッジは、インクカートリッジの様に、第三者が製造することは難しく、やはりプリンタメーカによって製造されています。したがって、品質が『純正とほぼ同じ』ではなく『純正と全く同じ』と言えるのです。

 リサイクルトナーの品質

「リサイクルトナー全て同じじゃないの?」と思っている方はいませんか?
それはまったく違います。
限りある資源をムダにしない為に、通常はゴミとして捨てられるカートリッジの中身を詰め替え、再利用するトナーのことですが、リサイクルトナーは新品と比べても価格でも、印刷の品位でも、きっとご満足いただけると思います。

リサイクルトナーは、ただ単にトナーを充てんするだけでなく、一度バラバラに分解して部品を点検し、必要な部品は交換してからトナーを充てんします。さらに、厳しい審査の元テストプリントを行い、印字品質をしっかりキープしていますので、新品トナーと同様の品質で利用することができるのです。

リサイクルメーカーによっても違いがありますが、弊社提携工場では、各メーカー・各機種毎に使用するトナー、またその他の部品については原則、1機種につき1種類で製造しております。使用する部品も、部材メーカーから最良の部品を厳選し使用していますから、より純正品に近い品質で印字することが可能です。

最近では、リサイクルトナーを売り切り商品ではないという考え方が当たり前になっています。リサイクルトナーは今までゴミとして廃棄していた使用済みカートリッジを再利用することにより、産業廃棄物を減らし限りある資源を有効利用する、地球にも環境にもやさしい商品として普及拡大しているのです。

注意:市場に氾濫している激安再生プリンタトナーの中には、消耗品を全く交換せずトナーのみ充填し販売されている物や、 交換した消耗品の品質が粗悪な物も流通しています。大手オフィス用品と比較しても品質と価格のバランスでプリンタトナーを選びましょう。

 

recommend

千葉の貸倉庫
http://www.tenanto-snap.com/

最終更新日:2014/11/12

 

 
   
    
 
 
Copyright (c) 2008 リサイクルトナーでコストセーブ. All rights reserved.