今や、経費削減にも大変効果的なリサイクルトナーは、オフィスの必需品となっています。
リサイクルトナーでコストセーブ
【HOME】 >> 【リサイクルとエコ】
 
 
  リサイクルとエコ
  リサイクルトナーの基礎
  トナーの種類・品質
  リサイクルの流れ
  使用上の注意
  経費削減を考える
  オフィスでの経費削減
  リサイクルで経費削減
  廃車について知っておく
  HOME


 リサイクルトナーとは?

  リサイクルトナーとeco

 

 


  リサイクルとエコとトナーの関係

『リサイクル』

最近よく耳にするようになったこの言葉、みなさんはもうこの意味ご存じですよね。いまや、一般家庭でも行われているこのリサイクルですが、日本の企業では、行われているのでしょうか?

日本において、経営者という仕事をしている人が一番多いこと知っていましたか。様々な経営方法があり、様々な形で日々ビジネスは動いています。その中でどの企業においても変わらないのが必要経費なんです。そして、毎月そのコストに悩まされているのが経営者です。

 
事業を運営する立場の人にとっては、毎月かかる固定費などのコスト削減は大きな課題となっています。リサイクルと聞くと「コストアップになるのでは?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。それは、再生紙のお話なんです。実は、トナーカートリッジのリサイクルは、新品と比べ、約50%〜60%コスト削減できるんですよ。

OA機器は軽量化がすばらしく進んでいる現在、エコへの関心も高まりつつあります。そんな中、サプライ用品の再生利用が注目されています。高価なカートリッジも従来は使い捨て廃棄処分されていましたが、リサイクル技術の向上により新品同様に再生して利用できるようになりました。環境保護の先進国、アメリカではリサイクルカートリッジの利用率はすでに50%を超えています。

日本でもオフィスのリサイクル推進活動が盛んな今、コピー用紙の次にトナーカートリッジが注目を集めています。省資源とコスト削減という大きなメリットが見直され、トナーカートリッジのリサイクル利用率は急速に拡大し続けているのです。

トナーカートリッジは大部分がプラスチック製なのでそのまま再生し利用可能です。現在ご利用のカートリッジを回収、洗浄、充填するのでムダなゴミを出しません。地球にもコストにもやさしいリサイクルトナーはじめてみませんか?

 

Favorite

Last update:2014/11/12

 

 
   
    
 
 
Copyright (c) 2008 リサイクルトナーでコストセーブ. All rights reserved.