今や、経費削減にも大変効果的なリサイクルトナーは、オフィスの必需品となっています。
リサイクルトナーでコストセーブ
【HOME】 >> 【リサイクルトナーの基礎】
 
 
  リサイクルとエコ
  リサイクルトナーの基礎
  トナーの種類・品質
  リサイクルの流れ
  使用上の注意
  経費削減を考える
  オフィスでの経費削減
  リサイクルで経費削減
  廃車について知っておく
  HOME


 リサイクルトナーとは?

  リサイクルトナーとeco

 

 


リサイクルトナーの基礎

レーザープリンタや、複写機などで使用が終わった、空のトナー(トナーカートリッジ)をリサイクルトナー専門業者が回収します。そのトナーを分解し、中に汎用トナーを充填し販売する商品のことを言います。

 

要するに、リサイクルトナーとは、そのトナーの切れたカートリッジを回収し、充填することで、再利用できるようにした品のことなのです。リサイクル、と言われているように、実際、リサイクルトナーは環境面に配慮されており、今話題のエコな商品として知られています。しかし、質については未だに議論されており、購入を控えている方が多いようです。しかし、実際質の方はかなり良く、トナー漏れなどを起こしてしまっても、補償が充実しておりますので、安心してお使い頂けるのです。

トナーのカートリッジは様々な材質でできている品物です。かねてから、これをそのまま廃棄することは、地球環境によくないとされてきました。その改善策として、中身だけを詰め替えて販売している業者が増えているのです。また、そうしたリサイクルなどの観点以外にも、トナー本体ごとを購入するよりも安価で交換ができるため、経費削減の一環として、このリサイクルトナーを利用する企業も増えています。

リサイクルトナーは、もともとレーザープリンターや、複写機などを製造し、また純正トナーの供給をも行っているトナー製造メーカーが、回収しきれず、廃棄へとまわされる空のトナーカートリッジを回収して、これを幾度も再生・利用するために始まりました。しかし、初期などに、トナー漏れ(中身のインク漏れ)などといった問題点があげられるなど、品質や安全面、またはそれによるレーザープリンタや複写機などの機器本体への影響について、しばしば業界をにぎわせているのも事実です。

リサイクルトナーの品質の向上が期待される反面、純正トナーに比べても、割安の商品として現在各方面において普及しつつある商品です。

Valuable information

HIS
http://www.his-j.com/

最終更新日:2014/11/12

 

 
   
    
 
 
Copyright (c) 2008 リサイクルトナーでコストセーブ. All rights reserved.